会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント

「MagSafe」を知っていますか?
iPhoneの機能だということは知っていても、自分の持っている機種に搭載されているのか分かっていない方もいるのではないでしょうか。
今回は「MagSafe」とはどういうものなのかについて、ぜひ知っていただくために、MagSafeに対応した便利なアイテムもいくつかご紹介いたします。

「MagSafe」とは

MagSafe(マグセーフ)は Appleが2020年に発売したiPhone 12に初めて搭載した機能で、ワイヤレス充電をスムーズに使うためにマグネットを利用して磁力で機器を設置できます 。iPhone本体の背面にマグネットが内蔵されており、対応した充電器やハンドグリップ、スタンドなどのアクセサリが磁力でピタッと吸い付きます。
この機能を活用すればiPhoneは、さらに使いやすくなり、活躍の幅が広がります。

内蔵microSDカードからの再生が可能

再生機器を持ち運ばなくてもmicroSDを使用すれば音楽を楽しめます。 本体以外のバッテリー消費を抑えたい場合や通信のしにくい場所でも役立ちます。

一日中、音楽を楽しめるロングバッテリー

外でスピーカーを使う上でどれくらい充電が持つかは重要なポイントです。 このスピーカーは約3時間の充電で14時間の長時間再生ができ、待機状態なら約30日間バッテリーが持続するため、長時間の使用でも問題ありません。

しかも、リチウムイオンバッテリーを使用しているため、軽くて持ち運びも楽々。

「MagSafe」のポイント

ポイント1

マグネット吸着で手軽に行えるワイヤレス充電

ポイント2

充電だけじゃない、便利なアクセサリが多数

ポイント3

MagSafe使用時の注意点

ポイント1
マグネット吸着で手軽に行えるワイヤレス充電

従来のワイヤレス充電は「Qi(チー)」と呼ばれる規格が用いられており、デバイスを充電パッドの上に置くだけで充電ができます。

しかし、有線でしっかりと繋いでいる場合と異なり、置く位置がずれているとうまく充電ができません。

また、充電効率も有線に比べて低く、電気エネルギーの一部が熱エネルギーとなりデバイスの温度を上昇させてしまうなどのデメリットもあります。

対してMagSafeは磁力で取り付けるという方式のため、調整しなくても最適な位置で充電ができます。

そのため、エネルギーのロスが少なくなり、バッテリー寿命低下、充電時間の増加などの問題がQiよりも小さくなります。

さらに、Qi充電では最大7.5Wまでしか充電が行えませんが、 MagSafeは、Apple純正のMagSafe充電器を使用すれば最大15Wまでの高速充電ができます。

環境にも優しいパッケージ

パッケージにはプラスチックを使用しておらず、再生可能な紙を使用しています。

また、本体の50%以上にリサイクルプラスチックを使用しているため、地球に優しいiPhoneケースです。 環境に配慮しているので、 自然環境を守ることにも繋がります。

「すこし さきの みらい」な商品

ワイヤレス充電器 マグネット 3in1チャージャースタンド EA1205

マグネット式ワイヤレス充電に対応しているチャージスタンドです。MagSafe対応機種であればピタッとずれることなく取り付けられます。iPhoneだけでなく、AirPodsとApple Watchもこの1台で充電できるので、Apple製品を3台持っている方は特におすすめです。堅牢なアルミニウムと艶やかガラスを組み合わせたオシャレな筐体はプライベート、仕事場の両方に調和します。

詳細はこちら
詳細はこちら

ワイヤレス充電器 マグネット 3in1 チャージャースタンド EA1205

マグネット式ワイヤレス充電に対応しているチャージスタンドです。MagSafe対応機種であればピタッとずれることなく取り付けることができます。iPhoneだけでなく、AirPodsとApple Watchもこの1台で充電できるので、Apple製品を3台持っている方は特におすすめです。堅牢なあるアルミニウムと艶やかガラスを組み合わせたオシャレな筐体はプライベート、仕事場の両方に調和します。

ポイント2
充電だけじゃない、
便利なアクセサリ多数

MagSafeを活用したアクセサリも作られています。iPhoneがより持ちやすくなるリングやグリップ、動画視聴のときに活躍するスタンドやiPhoneをカーナビとして使用するための車載スマートフォンスタンドなどがあります。

普段、財布を持ち歩かない人には、クレジットカードや免許証を収納できるカードケースなどもおススメです。

いままでのアクセサリは、両面テープなどで貼り付けるタイプが主流だったため、スマートフォン本体や保護ケースを変えたときには買い直す必要がありました。MagSafe対応のアクセサリならつけ外しは自由自在。必要ないときは、すぐ取り外しができ、使うときにはすぐに取り付けができます。

MagSafe対応アクセサリの磁力は製品によって異なります。磁力が弱いアクセサリを使用していると落下してしまう危険性も高いので、商品レビューなどを参考に磁力の強いものを選ぶと良いかもしれません。

「すこし さきの みらい」な商品

詳細はこちら

グリップスタンド コンパクト MagSafe対応 パープル

MagSafeに対応したグリップスタンドです。
iPhone操作時はグリップとして、動画視聴時は縦方向、横方向どちらにも対応できるスタンドになります。
通常の磁石の約3倍となる3500ガウスの磁力を持ち、安定してMagSafeの磁力で固定できます。

グリップスタンド コンパクト MagSafe対応 パープル

MagSafeに対応したグリップスタンドです。iPhone操作時はグリップとして、動画視聴時は縦方向、横方向どちらにも対応できるスタンドになります。通常のマグネットの約3倍となる3500ガウスの磁力を持ち、安定してMagSafeの磁力で固定できます。

詳細はこちら

グリップスタンド ウォレット MagSafe対応 ブラック

グリップスタンドにカード収納がついたアイテムです。よく使うカードや社員証などを入れておけばすぐに取り出せます。

詳細はこちら

カードケース MagSafe対応 ユニバーサルポケット ブラック/ホワイト

adidas OriginalsのMagSafe対応カードケースです。スリムなデザインなので、iPhoneの厚みを気にする方におすすめです。

詳細はこちら
詳細はこちら

グリップスタンド ウォレット MagSafe対応 ブラック

グリップスタンドにカード収納がついたアイテムです。よく使うカードや社員証などを入れておけばすぐに取り出すことができます。

詳細はこちら

カードケース MagSafe対応 ユニバーサルポケット ブラック/ホワイト

adidas OriginalsのMagSafe対応カードケースです。スリムなデザインなので、iPhoneの厚みを気にする方におすすめです。

ポイント3
MagSafe使用時の注意点

MagSafe機能を活用するときに気を付けたいポイントは保護ケースです。
磁力によって充電や装着をしているため、MagSafe非対応の一般的な保護ケースを付けると磁力が弱くなり、MagSafeが十分に機能しなくなる場合があります。

通常はケース自体にマグネットが取り付けられた保護ケースが、MagSafe対応のケースとなります。

ですが、ケース内部にはマグネットが取り付けられていないのに、磁力を完全に遮断しないことからMagSafe対応と表記している場合がありますので、画像や説明をチェックするようにしましょう。

「すこし さきの みらい」な商品

iPhone15ケース Defender XT Clear 耐衝撃 MILスペック MagSafe ダークサイド

アメリカで売上No.1のブランド『OtterBox』の高い衝撃への耐性を持つ iPhoneケースです。マグネットが内蔵されているので、MagSafeでの充電やアクセサリの取り付けへの影響を抑えます。

詳細はこちら

iPhone15ケース MagSafe
CLEAR クリア

人気のファッションブランドadidas OriginalsのiPhoneケースです。マグネットが内蔵されており、MagSafeでの充電やアクセサリの使用が気軽にできができ、adidasブランドのハンドグリップなどでこだわりのあるadidasコーディネートも可能です。

詳細はこちら
詳細はこちら

iPhone15ケース Defender XT Clear 耐衝撃 MILスペック MagSafe ダークサイド

アメリカでの売上No.1でもあるOtteBoxブランドの高い衝撃への耐性を持つ iPhoneケースです。磁石が内蔵されているので、MagSafeでの充電やアクセサリの取り付けへの影響を抑えます。

詳細はこちら

iPhone15ケース MagSafe CLEAR クリア

人気のファッションブランドadidas OriginalsのiPhoneケースです。
磁石が内蔵されており、MagSafeでの充電やアクセサリの使用が気軽にできができ、adidasブランドのハンドグリップなどでこだわりのあるadidasコーディネートも可能です。

ログイン

パスワードをお忘れですか?

会員登録
アカウントを作成する